LINK
最近、ニュースなどを見ているとクレームによってテレビコマーシャルが打ち切られたり、新商品の発売が取りやめになったりするというものを見かけました。中には、そこまでの対応をする必要があったのかというように感じられるケースもあり、クレームへの対応方法について疑問が少し残りました。 一方、最近では少し気に入らなければ何でもすぐにクレームを入れるという風潮もあります。これには、リアルタイムで通信し合えるようなツールの普及も背景にあるのかもしれません。そのようなツール上では、クレームを入れるように呼びかけ合うということもあるようです。そのような呼びかけでクレームを入れるというケースがあるならば、昔とはクレームの起こり方も違ってきているということになります。 クレームは本来、大事な声であるはずですが、その要素が薄いようなクレームがあるとしたならば、企業などのクレームを受ける側も何か対応策を考えていかなければいけないでしょう。