予期せず、不意に遭遇するのが車の事故です。80-12-66

この状況でどんな対応した内容が原因となり保険金の支払いもかなり変化する場面も想定されますので適切な判断力と対策が求められます。80-9-66

予測できないケースに遭遇して慌ててしまうのならば重大な工程を見落してしまいそれからあなたが大きな損を被る時も考えられるので交通事故をしたケースは正確に次に述べる判断を行いましょう。80-17-66

自動車事故を起こした状況で一番にすべきなのは負傷した人の有無を確認する必要があります。80-18-66

事故直後は動揺して喪心状態になってしまう場合がありすぐに行動できないのが当然です。80-14-66

その状況では、怪我をした人がいた場合には危険が少ない地点へ移して応急処置を施し救急車を呼ぶなどして救助最優先に努めましょう。80-6-66

救急車に連絡する時は正しい場所を連絡して、不確かな場合には近くの有名なお店や町名を知らせ事故が発生した位置を特定できるようにします。80-7-66

その後警察に連絡して、事故があった事そして現在の様子を知らせます。80-11-66

救急車と警察の到着を待つ間に事故相手の事をチェックします。吃音 mrm

名前、住んでいるところ、電話番号、免許証、相手側の保険会社名などなどお互いのことをやり取りします。80-15-66

事故の相手方に不手際があった時には、即刻処理する場合がありますが現場で処理するのではなく、どういったケースであっても警察署や保険屋さんに通報してちゃんとチェックしてもらうことが重要です。

関係者の情報を言ったら他の人の障害にならないように障害物を道路から取り除きます。

仮に被害が自動車の妨げとなっている時には自分と相手の情報の交換をするより優先してその作業を完了させても構いません。

次に自分自身が車の保険会社に電話をして自動車での事故が起こった事を告げます。

一定期間内に自動車の保険会社に電話しておかないと車での事故の保険の適用外となる状況もありえますのでなるべく時をおかずに電話をすることが大切です。

可能であれば事故の現場の証拠として、手持ちのカメラや携帯等を使って事故現場や車の破損状態を見ることができる写真を撮っておきます。

それは過失割合を決める時に証明となるので、己の車や相手方の愛車の破損を正確に証拠写真として残しておいてください。

この際に第三者がいたら警官や保険屋さんの人が来るまで一緒に待っていてもらうよう頼むのも必要不可欠です。