LINK

外国為替市場の外国為替証拠金取引(FX)のことを追求してみます。

外国為替証拠金取引(FX)とは、二つの通貨を売買して両方の差額の利益を受け取るといったような方式になります。

こうした二つのお金の中で発生する儲けをスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利というのは、本当はスワップポイントといわれているそうです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントは、一日でもらう事ができますがしかし相場の動向次第で異なるのです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)をもらうことが目当てでFX(外国為替証拠金取引)の為替トレードをする方も多数います。

スワップポイントは業者ごとで違う点があるため少しでも差益金額が高い業者を使いたいものです。

しかし、スワップポイントは為替が動くことによって一緒に変化するので気をつけましょう。

同時にトレードをする時にはグラフを読めるのが大事になります。

グラフを読めると、為替の相場の流れをつかむ事が可能になると言われます。

外国為替ビギナーが見た場合、いったい何の図表?と疑問に思えてしまうと思いますがポイントを覚えていればグラフを読み取る事が可能となるみたいです。

どのタイミングで円が上昇傾向にあるあるいは下がるとかこの時が最近では円安になるだろうとこのグラフを見る事で判別が可能になり為替の取引をやる際はこの上なく役立つネタとなるようです。

図表は、日本ではローソク足が使われその名の通りローソクの形のような図で示されているのです。

ローソク足によって高値や安値、さらに終値とか始値等を表示していて図において多様な格好になって行くのです。