クルマを持つ人であればご存知だとは思いますが自動車税という税金を支払う義務があります。77-19-66

そして自動車税は、愛車の買取時に当たり前に還付されるお金なのです。77-14-66

これはちょっとやると理解できますが、はじめから順を追って出来るだけわかりやすく案内しましょう。77-18-66

事前に記載させて頂けば国産販売されているクルマのみが対象ではなくイタリア車等も還付される範囲に決まってます。77-16-66

当然車などもそうですね。77-13-66

自動車税は自動車を持つ人が支払い義務を負うお金なのですが税額はクルマの排気量により決定されます。77-11-66

1リッターより低いなら29500円で、1リッターより上で1.5リッター以下までだと34500円です。77-4-66

これ以上は500ccずつ5000円が乗ってきます。77-3-66

それからこのお金は4月1日の時点で車を保有している人が年度内の税金を払うように定められています。77-7-66

つまり事前納付になるということですので勿論自動車を引き取ってもらって、所有権を手放した際は先払いした分の税金は還ってくるのです。77-10-66

税の場合は先払いで今年度の税額を納めますので、年度内に愛車を引き取ってもらった際は、買い取った所有者がこの税の納付義務を負うのです。

買取先が専門店の場合は、売却時に自分が前払いしている分の税額を返してくれます。

まとめると、所有権が移った日より後の税金は新たな所有者が納税義務を負います。

例えば自分が10月のうちに車を売った時は、11月以降来年3月中までの税額は還付されます。

それは、前述の通り自動車税の場合は先払いであるという事実によるものです。

まとめると前オーナーは売却相手に税を返金してもらうということになります。

個人的に愛車を手放す場合意外にこのようなことに気づかない方がいますためきっちり確かめるようにしなければなりません。

自動車税という税金はクルマを手放すと返金されるという事実を意外に知っている人が少ない事を利用して、その状況を言わない悪徳業者もあるのです。

こちら側から返金についての話題を出さなければ完全に税金のことには触れないという場面も結構見受けられます。

なので自動車の買取をするさいには税金が返ってくることをチェックすることをおろそかにしないようにしましょう。